Archive for 2011

Mindjet Connect プレビュー②:いつでも、どこにいてもスマートに情報アクセス!Mindjet for Mobile

Mindjetが推進する”Collaborative Work Management”を支えるMindjet Connectのキーコンセプトは、まさに”Connectivity(接続性)”にあります。

iPhone/iPadをはじめとしたスマートフォンやモバイルタブレットが普及するにつれ、時間と場所を選ばない情報アクセスニーズがより高まっています。

Mindjet は、この度このモバイルアプリケーションのラインナップに新たにAndroid版(無料)を追加しました。(詳しくはこちらをクリック

Mindjet Connectがリリースされる前のMindjet for iPhoneやiPadといったアプリケーションは、モバイル機器上で操作することはできても、MindManagerのマップファイルとネイティブな形式で保存できなかったり、ファイル転送やメールといった方法での共有にとどまっていました。

2011年10月に新たに無料アプリとして提供を開始したMindjet for iPhoneやiPadは、Mindjet Connectを通してシームレスにMindManagerの世界を一つにすることに成功しました。

ここでは、Mindjet for iPhoneを例に、Mindjet Connect上に保存されているマップファイルを閲覧する方法を簡単にご紹介しましょう。

ここでは、すでにMindjet Connectのフリーアカウントを取得されている前提で話を進めます。

Mindjet for iPhoneを起動するとファイルの保存場所を選択する画面(Files)が表示されます。

クラウドサービスを新たに追加したい場合は、「Add storage service」を選択してファイルの保管場所として情報を登録しておきます。

ここでは、クラウド上の保管場所として、Mindjet ConnectとDropboxが設定されています。

iPhone内のローカルファイルにアクセスしたい場合は、Local FilesのFilesを選択します。

それでは、まずMindjet Connect上にあるリソースにアクセスするために、「Mindjet Connect」を選択してみましょう。

Mindjet Connect環境に接続すると、選択可能なアカウントリストが表示されます。

ここでは、Business(有料)アカウントに招待されているものとFreeアカウントとして利用しているものが一覧画面に表示されています。

例として、Mindjet Business Accountを選択してみます。

次にフォルダリストの一覧が表示されます(ここでは、一覧の中からMJC Demoを選択してみます)

* Mindjet Connect (無料版)は単一フォルダのためファイルの一覧がすぐに表示されますのであらかじめご了承ください。

選択されたフォルダ内に生成されたサブフォルダを表示しています。(ここでは、Launchを選択します)

サブフォルダ内に保存されたファイルの一覧が表示されました。(ここでは、マップファイルを選択してみます)

Mindjet Connect上に保存・共有されているマップファイルがiPhone上に表示されました。

任意のトピックをタップするとサブトピックを開いたり閉じたりすることができます。(ここではリリースをタップします)

2011年12月現在、Mindjetのモバイルソリューションは、まだMindjet Connectに完全に統合されていないため、Connectへの接続およびマップの作成や編集機能に一部制限がありますが、来年以降、”Collaborative Work Management”を実現するプラットフォームとしてさらに改善・強化をはかっていく予定です。

どうぞお楽しみに!

1 Comment

MindManagerの役立つ活用ノウハウと「見える化」実践テクニックの集大成!

本日は、MindManager 2012のリリースに伴い、電子書籍化されたユニークな教材をご紹介させていただきます。

*********************************************************************************************************

あなたの仕事やコラボレーション活動をより楽しく!より楽に!”人材”を”人財”へと変える「働楽(はたらく)」教材シリーズ新登場!
ビジュアルシンキングであなたの頭の中のモヤモヤをスッキリ解消し、ビジュアルコラボレーションで知的な協働作業の見える化を実現!
奇跡のビジュアルツール-MindManagerの役立つ活用ノウハウと「見える化」実践テクニックの集大成がここにあります!

*********************************************************************************************************

本ブログの投稿者でもあるMindjet認定マスタートレーナーの渡邉がこれまで10年以上の歳月をかけて培ってきた様々なノウハウを下記3部作でシリーズ化し、2011年12月1日、日本最大級 電子コンテンツのオープンマーケット DLMARKETより販売を開始いたしました!

今ならお得なセット商品が「年末年始キャンペーン」(2011/12/1-2012/1/31)でさらにお安く購入いただけます。(詳しくはこちら

なお、各教材の商品説明ならびにご利用条件等につきましては、それぞれの表紙画像をクリックするとご覧いただけます。

*********************************************************************************************************

ビジュアルシンキング  入門(初級者向け)

あなたの頭の中の”モヤモヤ”を”スッキリ”解消!

商品概要:MindManagerを使ったビジュアル思考の実践的なコアスキルを体系化!(全101ページ)

MindManagerの基本的な操作方法や活用ポイントを習得しながら、 ビジュアル思考の基礎技術や実践方法を効果的に習得できます。

適応環境:MindManager 2012(MindManager7 以降共通機能)

すべてのバージョンで共通となるビジュアル思考のコアスキルを網羅。

但し、操作上のメニューパスは、MindManager 2012を対象に記載。

   <価格:1,000円(税込)>

*********************************************************************************************************

ビジュアルコラボレーション 入門(中級者向け)

あらゆるプロジェクト活動の”見える化”を推進!

商品概要:プロジェクト活動における知的労働の見える化テクニックを体系化!(全112ページ)

イベントプロジェクトのリーダーを任命された主人公の苦労と葛藤を通じてプロジェクト活動の見える化に役立つ利用法を効果的に習得できます。

適応環境:MindManager Pro7/8/9および2012

MindManager Pro7以降で利用可能なプロジェクトで役立つノウハウ満載。

ビジュアルシンキング入門レベルのコアスキルの理解と習得が望ましい。

   

   <価格:1,500円(税込)>

*********************************************************************************************************

ビジュアルコラボレーション  実践(上級者向け)

多様なコラボレーション活動の”見える化”を実現!

商品概要:コラボレーション活動における協働作業の見える化ノウハウを体系化!(全122ページ)

新製品開発チームのマネージャーに任命された主人公が遭遇する試練を通じてコラボレーション活動の見える化手法を効果的に習得できます。

適応環境:MindManager 2012およびMindjet Connect

MindManager 2012で実装された役立つ新機能にスポットをあてて解説。

ビジュアルシンキング入門レベルのコアスキルの理解と習得が望ましい。

 

        <価格:1,500円(税込)>

*********************************************************************************************************

DLMARKETでは、目次の詳細および書籍の内容(一部)をお立ち読みいただけますのでどうぞお気軽にご訪問ください。

なお、本商品の購入ならびにダウンロードをいただくためには、「ダウンロード会員」としてのご登録が必要となりますのであらかじめご了承ください。

 

No Comments

Mindjet Connect レビュー①:ビジュアルコラボレーションを支える!Mindjet Connect(無料版)

Mindjetは、MindManager 8以降、ビジュアルコラボレーションを推進するクラウドサービスとして、Mindjet Catalyst(有料版)を提供してきました。

2011年11月30日より、MindjetはMindManager 2012のリリースに伴いMindjet Connect(無料版および有料版)の提供を開始しました。

なお、MindManager 2012から接続できるクラウド環境は、Mindjet Connectであり、Mindjet Catalystとの接続はサポートされませんのでご注意ください。

利用形態は、MindManager 2012から接続する方式とWebブラウザから接続する方式、さらにiPhone, iPad等のモバイル機器から接続する方式がサポートされます。

Mindjet Connect (無料版)にWeb経由でサインインした際に表示されるファイル管理画面

Mindjet Connect  (無料版)にMindManager 2012経由でサインインした際に表示されるファイル管理画面

MindManager 2012またはWebブラウザ経由でMindjet Connectにある共有ボタンをクリックすると左記のユーザー招待画面が表示されます。

Mindjet Catalystでは、マップを共有する前にアカウントオーナーがあらかじめメンバーとして招待を行う必要がありましたが、Mindjet Connectでは、マップ単位に複数のユーザーとダイレクトに共有することができるようになりました。

共有画面から、適切なアクセスレベルを選択後、「新しいユーザーとの共有」ボタンをクリックして、共有する相手の電子メールと氏名を入力します。指定されたアドレス宛に送信されるメール内に埋め込まれたリンクをクリックすると相手も同じマップを参照または編集できるようになります。

アクセスレベルは、「読取専用」または「共同編集」のいずれかを選択でき、複数のユーザーで同じマップを同時に編集することも可能です。

Mindjet Connect (無料版)はMindjet Connect Business(有料版)と比べた場合、下記の機能制限があります。

  • 単一フォルダ (Business Edition:無制限なフォルダおよびサブフォルダ)
  • 1GBのディスク容量 (Business Edition:メンバあたり2GBのディスク容量)
  • 2マップまで同時閲覧・編集可能 (Business Edition:メンバあたり4マップまで同時閲覧・編集可能)
  • 制限付ドキュメント管理 (Business Edition:更新履歴によるバージョンコントロール)
  • 単純な権限コントロール (Business Edition:きめ細かい権限コントロール)
  • 1名のアカウント管理者 (Business Edition:複数のアカウント管理者)

まずは、Mindjet Connect(無料版)でビジュアルなコラボレーション環境をじっくりと体感いただいた上で、コラボレーションニーズに応じてBusiness(有料版)の購入を検討されるとよいでしょう。

制限事項:Webブラウザからの日本語入力の問題について(Adobe Flah Player 10以上で発生)

現在、Mindjet ConnectをWebブラウザからご利用いただく場合、日本語が正しく入力できないという制限事項がございます。

現象として、入力カーソルが1バイト分しか表示できず、ローマ字変換入力の際に1文字目の文字が欠落するというものであり、現在米国開発サイドでこの問題を解消すべくAdbe社と調整中ですが、2011年11月30日現在、解決時期は未定です。

トピックの入力時、文字を入力する前に「F2」キーを押下することでこの問題を回避することができます。

ご不便かと存じますが、本制限事項が解消されるまではWebブラウザからの日本語入力の際は、本回避策を適用いただきますようこの場を借りてお願いいたします。

No Comments

MindManager2012新機能プレビュー(おまけ):とても嬉しい役立つ機能改善!

これまで、MindManager 2012に実装される予定の主な新機能や重要なコンセプトを12回の投稿を通じて紹介してきました。

残るは、いよいよコラボレーションフレームワークの鍵を握るMindjet ConnectとMindjet for Mobileですが、その前におまけ編として、あまり目立ちませんが使いこなすと非常に役立つ2つの機能をご紹介しましょう。

その一つ目は、MindManager 8から実装されている「内蔵ブラウザ機能」の改善です。

内蔵ブラウザ機能は、トピックに定義されたハイパーリンクや添付ファイルのリソースを開く際にデフォルトで使用されるMindManagerに埋め込まれたブラウザです。

リンクされたリソースを開く際には問題ありませんが、単にブラウザ画面を開いた際には、ブランクのページが表示されていました。

また、ハイパーリンクや添付ファイルを開く際に、通常通り既定のアプリケーションで開きたい場合などは、アイコンを右クリックして「MindManager外でハイパーリンク(または添付ファイル)を開く」をその都度選択する必要がありました。

MindManager 2012では、この2点が改善され、内蔵ブラウザのホームページを設定できると同時にハイパーリンクや添付ファイルを開く際に使用するブラウザ(既定または内蔵)を切り替えるオプションが追加されました。

ホームページの設定は、オプションの表示セクション内にある組み込みのブラウザのホームページにURL(http://を除く)を設定すればOKです。

使用するブラウザの切替方法は、ハイパーリンクや添付ファイルのメニューから内蔵ブラウザ選択のオン/オフを切り替えることができます。

内蔵ブラウザのホームページには頻繁にアクセスするページを設定しておけばいつでもすばやく情報を閲覧でき非常に便利です。

また、MindManager起動中は、内蔵ブラウザ内で最後に表示されたページが保持されているため、一度ブラウザ画面を閉じてもすぐに直前の閲覧状態に戻ることができるようになりました。

次に役立つ機能の2点目、「ドラッグ&ドロップによるトピック属性のコピー機能」です。

この機能は、実際にはVersion 9.2以降で有効ですが、なかなか知っている人は少ないと思いますのでこの場を借りてご紹介しておきましょう。

コピー可能な属性は、アイコンマーカー、タグマーカーさらに開始日、期限、リソースといった仕事情報です。

操作はいたって簡単!

コピー元のトピックに付与されている上記属性をクリックして、コピー先のトピックへドラッグするだけでOKです。

この方法を使えば、異なるタスクに同じ担当者や期限を割り当てたり、同一のマーカー属性を割り当てることがよりスピーディに行えるので大変重宝します。

No Comments

MindManager2012新機能プレビュー⑩:Share Pointに埋もれがちな情報もすばやくマッピング!

MindManagerは、Version 7以降いち早くリボンインタフェースを採用したり、Microsoft OfficeやProjectといった製品と高い親和性を保ってきました。

MindManager 2012では、標準機能として新たにShare Pointとの連携機能が提供されています。

具体的には、挿入タブの「Sharepointアイテム」または作業ウィンドウ内のマップパーツ内にあるWebサービスより「Sharepointマップパーツ」を利用します。

Outlookとの連携機能と同様、Sharepoint内に格納されているドキュメントはもちろん、カレンダー情報や仕事、画像といった様々な社内リソースにMindManagerからダイレクトにアクセスしたり、ダッシュボードを生成したりすることが容易にできます。

Sharepointは、日本においても多くの企業が採用しているドキュメント共有・管理環境ですが、一方で一覧性の欠如やアクセシビリティといった面において課題を抱えているようです。

このSharepointにMindManagerの持ち前のビジュアライズ機能を組み合わせることで、埋もれがちな情報をすばやく取り込み俯瞰しながらいつでもワンタッチでアクセスできる環境を構築することが可能となります。

ここで、マップパーツを使ってSharepoint内のドキュメント情報をマッピングする様子をご覧にいれましょう。

マップパーツ内にある「ドキュメント」パーツを任意のトピックへドラッグすると自動的にSharepointへの接続ダイアログが表示されます。

あらかじめ登録しておいたサイトから任意のサイトを選択(クリック)して「完了」を選択します。

何か選択条件を指定して抽出結果を絞り込みたい場合は、「次へ」をクリックして、条件の入力画面へ移動し、条件設定後、「完了」を選択します。

Sharepointからの抽出結果が自動的にマッピングされ、各トピック横にはSharepointにアクセスするためのハイパーリンクアイコンが生成されています。

トピック生成後は、必要に任意のタイミングで同期処理を行い、マップ情報を最新の状態へと更新(リフレッシュ)することができます。

No Comments

MindManager2012新機能プレビュー⑨:さらに使いやすくなったガントビュー&プリント機能

MindManagerをビジネス用途でお使いいただいている多くのお客様が、最も頻繁に利用している場面は「ブレーンストーミング」、次いでプランニングです。

Version 8までは、仕事情報として付与されたタスク属性を使用して、Microsoft Projectのガントチャートを生成したり、アドインソフトを利用することでExcelデータとしてガントチャート情報を生成することができました。

MindManager Version 9の新機能としてはじめてサポートされたガントチャート表示機能や印刷機能も少しずつ改善が加えられ、この度MindManager 2012のリリースによってさらに使いやすくなります。

MindManager 2012で新たに定義可能となったマイルストーン(◆)表示に加え、ガントチャートの印刷機能がより使いやすくなりました。

具体的には、印刷プレビュー機能や印刷時のヘッダ情報やフッタ情報の出力はもちろん任意の期間を指定することにより特定の範囲のスケジュールを印刷できるようになりました。(左記のサンプル画像参照)

また、ちょっと気付きにくい改善点としては、マップ上のトピックをガントチャート上に直接ドラッグ&ドロップすることにより、該当するカレンダ情報を仕事情報として自動設定できるようになったことです。

これは、使い方によっては非常に便利な機能となります。

この機能を利用することによって、ガントチャート上の時間軸を見ながら各タスクをガントチャート上に落とし込みながら実行イメージをラフにデザインした後で、個々のタスク間の従属関係を詰めながらスケジュールの詳細をすばやく詰めていくといったプランニングプロセスがよりビジュアルにかつ容易に実行できることでしょう。

No Comments

MindManager2012新機能プレビュー⑧:異なる分析結果も保持できる!便利な分析ビュー

前回の投稿では、MindManager 2012で新しく生まれ変わったブレーンストーミングモードを紹介しました。

これまで7回に渡って紹介してきた機能は、どちらからと言えば従来から提供されてきた機能の強化や改善の範囲です。

しかし、本日ご紹介するこの分析ビューは、これまでのマッピングソフトウェアの常識を大きく覆すことになるでしょう。

長年の間、こういった分析作業は、企業の会議室や研修ルームの中で「ホワイトボード」を使って行われてきました。

MindManager 2012では、SWOT分析やリスク分析をはじめとする以下の4象限マトリックス分析がサポートされています。

<事前定義分析テンプレート>*予定

■ SWOT分析/顧客市場分析/顧客価値分析

■ アイディア評価/アイディア実装/時間管理

■ リスク対利益/リスク分析/BCGマトリクス

これらの分析項目やパターンは、あらかじめテンプレートとして提供されているため、選択・適用するだけでなく、必要に応じていつでも編集・カスタマイズすることが可能です。

縦軸、横軸のラベルや値に加えて、象限ごとに任意のマーカーを割り当てることができるため、分析結果をより視覚的に表現することができます。

新規に作成したり、編集されたテンプレートは新たなテンプレートとして保存しておき、再利用することができるため、必要に応じて分析軸を柔軟に変更することが可能です。

ここでは、MindManager 2012の新機能をアイディア評価テンプレートにマッピングした例をもとに使い方を簡単にご紹介しましょう。

<分析ビューの使い方>

まず、最初に分析対象となるトピックを(複数)選択して、表示タブから分析ビューを新規に生成します。

選択された任意のトピックをビュー内に移動し、さらにドラッグ&ドロップで該当する象限へと移動することができます。各象限に移動された項目は、定義に従って自動的にマーカーが割り当てられ、マップ上のトピック情報に適用することができます。

分析結果は、必要に応じて複数保持しておくことができますので、グループや組織によって異なる分析結果を比較しながら再検討を実施する場合においても非常に便利です。

また、分析結果をいつでも画像としてコピーすることもできるので、必要に応じてマップ内のトピックやノートに貼り付けておけばいつでも様々なアウトプット上で分析結果を視覚的に表現することは比較容易にできます。

MindManager 2012は、長年、企業で行われてきた「ホワイトボード」型のブレーンストーミングや分析方法に大きな革新をもたらすことでしょう!

No Comments