Archive for 7月, 2011

MindManager for Mac:OS X Lionへの対応について

先日、アップル社よりリリースを開始しました新OS X Lionへの弊社製品の対応方針を下記の通りご案内いたします。

MindManager9 for Macについては、8月16日(予定)にて対応モジュールをリリースさせていただく予定ですが、その他下記バージョンにつきましては対応の予定は今のところございません。

  • MindManager6 for Mac:Mac OS X 10.5 Leopardまで
  • MindManager7/8 for Mac:Mac OS X 10.5 Leopard および Mac OS X 10.6 Snow Leopardのみ

なお、現時点でLionへのアップグレードを行った場合、いずれのリリースにおきましても「MindManagerが起動しない」、「クラッシュする」等の不具合が生じることがすでに判明しておりますのでくれぐれもご注意ください。

MindManager for Macを引き続きMac OS上でご利用いただくためには、Lionへのアップグレードを見合わせていただくか、対応モジュールのリリース以降、最新版のMindManager9  for Macへのアップグレードをご検討いただきますようお願いいたします。

最後に、このようなご案内が遅くなり、一部のお客様にはご不便をおかけしておりますことをこの場を借りて深くお詫び申し上げます。

No Comments

MindManager “ワクワク”体験ツアーへようこそ!

 本日は、MindManagerをビジネスやお仕事にもっと役立てたいという方にお薦めのコンテンツをご紹介させていただきます。

もちろん、現在試用中の方はもとより、すでに購入して利用いただいているお客様にとってもとても役立つ体験型学習コンテンツ…

その名もMindManagerワクワク体験ツアーです。

マインドジェットが無料で開催しているライブデモやトレーニングなどのイベントにどうしても日程が合わずに参加できなかった方にもぜひ一度お試しいただきたい体験型の学習コンテンツです。

MindManagerの利用目的は実に多岐に渡っているため、30日間の試用期間があってもなかなか十分に体験することはできません。

また、利用者によって興味の対象は実に様々であり、定型的なコースでブレーンストーミングに始まり、プレゼンテーションやミーティング、プランニング、さらにはプロジェクトマネジメントに至るまですべての活用ニーズを満足させることも非常に難しいところです。そこで、この度左記の体験ツアーマップを通じて、多様なビジネスシーンにおける様々な使い方をご自身の興味や関心のあるところからステップバイステップでお好きな時にお試しいただけるようなコンテンツをご用意させていただきました。

上記画像イメージをクリックするとマップコミュニティサイト(Maps for That!)にアップされたコンテンツにアクセスできますので、マップをダウンロードしてどうぞお試しください。

トピックのノートには、それぞれのステップが解説され、タグにはヒントとして操作する際のメニューパスが記されています。

必要に応じて添付されたサンプルマップを参照すればより理解が深まるとともにすばやく効果を実感することができます。

体験ツアーを始める前に、マップをあらかじめWordにエクスポートしておけば体験ツアーガイドとしてご一読いただくことも可能です。

それでは、MindManagerが繰り広げるワクワクする世界をどうぞ存分にお楽しみください!

No Comments

ガントチャートの表示範囲をフィルタリング機能で調整しよう!

今日は、MindManager Version 9で標準機能として装備されたガントビュー機能を使いこなすためのティップスをご紹介します。

これまでのリリース、Version 8までは仕事情報として優先度や開始日、期限、期間、リソースといったタスクの管理属性を付与することはできましたが、同時に時間軸の視点でスケジュールを表示することはできませんでした。

MindManager Version 9では、あらたにこの時間軸の視点をガントビューとしてサポートし、いつでもダイナミックにスケジュールを確認できるようになりました。

左図画面の上部には、プロジェクトの工程すべてを表示したマップが、画面下部にはすべてのタスク情報を対象にガントチャートが表示されています。

赤く表示されているのは、特定にリソースのワークロードが基準値を超えている週が視覚的に強調されています。

しかし、Version 9.0.x および 9.1.xでは、ガントチャートの表示範囲ならびに印刷範囲がすべてのタスクを対象としていましたため、プロジェクトの期間が長期にまたがった場合、表示範囲や印刷範囲が極端に横長になってしまい、利用上の制限事項としてご不便をおかけしていました。

MindManagerをプロジェクト管理やタスク管理の目的で利用したい多くのユーザーの方からのご要望を反映して、Version 9.2からはフィルタリング機能によって絞り込んだ範囲のみをガントチャートの表示・印刷領域として設定できるようになりました。

この機能によって、ユーザーは1枚のプロジェクトマップから任意の期間やプロセス、リソースといった様々な切り口でスケジュールの確認が行えるようになります。

例えば、開始日と期限について特定の期間に絞り込んでフィルタリングを実行するとしましょう。

例)開始日、期限に2010/09/01-09/30を指定

まず、表示タブにあるフィルタメニューから「詳細フィルタ」を選択し、フィルタ条件の選択ダイアログ左に表示されている「仕事情報」を選択します。ここでは、任意の開始日、期限、期間をフィルタ条件として設定できます。

開始日や期限に任意の期間を設定して「フィルタ」ボタンから処理を実行すると、ガントビューには抽出結果に合致したガントチャートが表示されるようになります。

画面上部には、フィルタ条件に合致したトピックのみがマップに表示され、画面下部には、該当するトピックのタスク属性ならびにスケジュールのみが表示されます。また、任意のトピックを選択し、表示タブから分岐のみの表示(F4キー)を行うと選択されたトピックとその下位トピックのみが表示範囲として対象となります。

ガントビューは、この状態にも対応していますので、任意のトピック(例えば、テスト工程のみ)だけを絞り込んでスケジュールを確認したり、レビューしたりといった場面にもとても役立ちます。

また、スケジュール確認用のマーカーを用意して、その条件でフィルタリングを行えば様々な視点ですばやくスケジュールを確認することができるので大変便利です。

最後に、この機能を有効にするためには、表示タブにあるガントメニューの「フィルタをガントチャートに表示」オプションを有効にすることをお忘れなく!

No Comments

Windows版へさらに一歩近づいた新機能!MindManager Version 9 for Mac

2011年6月23日、Macユーザーにとって待望のMindManager Version 9 for Mac(Mac OS 10.6以上で動作可能)がリリースされました。

注目は、新たに搭載されたブレーンストーミングを加速する「クイック入力」モードです。

これまでは、アイディアを書き出す際には、マインドマップ方式でトップダウン型のブレークダウンアプローチか、フローティングテキストで書き出したトピックを整理する方法しかありませんでした。

Version 9からは、新たに搭載された「クイック入力」モードによって、ランダムにリストに書き出した後で、リスト上から任意の項目を適切な場所へとドラッグ&ドロップで自由に関連付けることができるようになりました。

この方法によって、トップダウン型のアプローチに加え、ボトムアップ型のアプローチを組み合わせて使用できるため、思考の生産性をグーンとアップします。

次に紹介したい便利な機能は、何といっても「スライドビュー」機能と「スライドショー」機能です。(この機能はすでにWindows版のVersion 9にも搭載されています)

これまでは、マップ上の任意のトピックにフォーカスしてプレゼンテーションを行うには、任意の場所で拡大・縮小を行う必要がありました。

Version 9からは、トピックごとにプレゼンテーション領域としてスライド化することによって、任意のトピックの範囲を、好きな順序でプレゼンテーションしたり、特定のスライドのみを印刷することがより簡単になりました。

また、たとえスライドショー中であっても、任意のトピックを開閉したり、トピックの修正、追加を行うことができるので、聴講者やレビュー者のフィードバックをすばやく取りこむことができて大変便利です。

さらに、Mac版には、Windows版にて別売製品である「プロジェクト管理」用のテンプレートオプション(¥11,477(税込)相当)が標準テンプレートして搭載されていますので大変お得です。

その他、FreeMindファイルのインポート機能や、フィルタ機能の改善ローカル(インターネット接続不要)でのMicrosoft Office, iWork形式への書き出し機能など様々な機能が強化・改善されています。もちろん、一部のお客様には長い間日本語入力でご不便をおかけしていた問題も解消されています。

MindManager Version 9 for Macは、30日間ご試用いただけますので、ご興味・ご関心のある方はぜひこの機会にお申込みください。

また、MindManager Verion 9 for Macの概要と新機能が30分で学べる「ライブデモ」(水曜日)もご用意しておりますので、奮ってご参加ください。

No Comments

Mindjet iPhone/iPadでビジュアル思考をさらにパワーアップ!

インスピレーションはいつ湧いてくるかわかりません。せっかくのアイデアを逃してしまったら残念です。

Mindjet iPhone/iPad は、MindManager for Windows、Macと連携して動作すると共に、場所を問わずアイデアを記録できる高い柔軟性を備えています。

ポケット型のMindManager なので、得た情報やアイデアをすぐその場で、効率的かつ直感的に記録して伝達できます。

次々と湧き上がってくるアイデアをダイレクトに書きとめながら、自由に思考しましょう。

詳細をマップに入力すれば、複数のアイデアを相互に関連付ける作業に集中できるので、全体像を把握しつつ、どんなに細かいことも逃さずに記録することができます。

さらに、Mindjet iPhone/iPadでは、いつでも、どこでも、アイディアを逃すことなく記録しておくことができるので移動中や外出先などの細切れな時間であっても有効に活用することができます。

Mindjet for iPhoneは、現在英語版のみがリリースされていますが、一部の制限を除けば日本語環境においても利用可能です。

英語が苦手とおっしゃる方には、何かとご不便をおかけしておりますが、この度日本語版のヘルプを作成しました。

MindjetiPhone/iPadをご利用の方は、マップ共有コミュニティサイト(Maps for That!)より日本語版のヘルプマップをダウンロードできます。

下記のリンクよりMaps for That!の該当ページへご案内させていただきますので、どうぞご活用ください。

Mindjet iPhone/iPad  Help in Japanese (Uploaded on Maps for That!)

ダウンロードしたマップは、下記の手順にてMindjet iPhoneに転送できますのでぜひお試しください。

1.PC/iPhone両方のデバイスのWi-Fi設定がONになっており、同じネットワークに接続されていることを確認します。
2.Mindjet iPhone/iPadを起動し、マップ管理画面の下部にある「Transfer」ボタンを選択します。(アドレスフィールドのURLを確認)
3.PC側にてWebブラウザを起動して、上記で確認したURLをブラウザのアドレスフィールドに入力します。
4.表示されたWebページ下部にある「参照」(Browse)ボタンをクリックして、マップファイル(.mmap)を参照し、「Upload」ボタンをクリックします。

以上の手順が完了すれば、Mindjet iPhone上のマップリスト内に日本語ヘルプマップがアップロードされているはずですので、早速マップを開いてみましょう。

任意のトピックをタップするとサブトピックが開きます。

また、ダブルタップするとコンテンツにアクセスし、「Notes」ボタンで詳しい操作方法や解説を確認できます。

Mindjet iPhone/iPadの操作に困ったときは、いつでも日本語版のヘルプとしてご利用いただけます。

それでは、快適なビジュアル思考ライフを引き続きお楽しみください!

No Comments