Archive for category Mindjet

Mindjet 11新機能プレビュー②:これは簡単!自動集計、計算トピックの実装法

前回の投稿で紹介したトピックの自動集計、計算機能ですが、その実装の方法が気になる方も多いと思います。

Mindjet 11で実装されたこの機能は、従来から持っている「カスタムプロパティ」の機能を強化、拡張したものですが、操作面も考慮されています。

これまでは、個々のトピックごとに固有のプロパティ値を定義する必要があり、コピーや印刷なども行うことができませんでした。

Mindjet 11では、自動集計機能に加えて、特定のプロパティの値を他のトピックへコピーしたり、任意のトピックのプロパティ値を印刷することが出来るようになりました。

また、自動集計が必要となる項目を「自動計算」機能によって、いつでも、簡単に実装することができるのです。

下記の画面は、挿入タブから「自動計算」機能を実行した際に表示されるダイアログとなります。

集計を要するプロパティ名には任意の項目名を割り当てて、必要に応じて種類や計算方式をプルダウンメニューから選択できます。

ここでは、「売上予測」という項目を「通貨」、「合計」として定義して、選択されているトピックに連なるすべてのトピックを対象に展開します。

プロパティの作成範囲は、この他に「選択されたトピックとサブトピック」と「選択したトピック」をニーズに応じて選択することができます。

また、プロパティの展開範囲の一部を除きたい場合などは、トピックを閉じた状態にしておくことで対象範囲から取り除くことができますので大変便利です。

以下の例は、「株式会社DEFソフトウェア」のみを「営業部」と「開発部」に分けて売上予測を展開したものです。

この機能は、一度定義されたプロパティトピックに対しても、いつでも集計項目を追加することができるので非常に助かります。

「売上予測」を展開した後で、「数量」や「営業コスト」を追加したいといった場合に、柔軟に実装することができます。

さあ、後は実際の数値をどんどん入力するだけで、全体の売上やコスト、数量が積みあがっていきます。

業務上、常にこのような数値情報とスプレッドシート(Excel等)を通じて向き合っている方は、ぜひこの視界の違いを実感してみてくださいね。

No Comments

Mindjet 11新機能プレビュー①:これは便利!待望のトピック自動集計、計算機能

2012年12月に日本市場にリリース予定のMindManager 11 for Windowsの目玉となる機能はなんといってもトピックの自動計算機能です。

これまでクリエイティブな思考活動やブレーンストーミングを中心に活用されてきたMindManagerでは、スプレッドシートのような数値情報を適切に扱うことはできませんでした。しかしながら、個々のトピックの属性として、売上やコストといった数値データをカスタムプロパティとして保持することはすでに実現していました。

そんな状況の中で、トピックの自動計算機能は、長年ご愛用いただいている多くのお客様からご要望の多かったスケジューリング機能やスプレッドシートへの出力機能に次いで、非常に高いニーズを持った機能でした。

具体的には、個々のトピックのプロパティ属性の種類として、新たに「計算済」をサポートし、配下に連なるトピックの任意の属性項目の「合計」や「平均」、「数量」「最大」「最小」を上位トピックへと自動集計することができるようになりました。

この機能により、予算やコスト、利益といった金額情報の集計や、数量や重さ、工数の合計値などを容易に計算し、集約することが可能となります。

もちろん、MindManagerの強みでもあるドラッグ&ドロップ操作によってトピックを移動したり、コピーすると関連する上位トピックにすばやく計算結果が反映されます。スプレッドシートによる直線的な視点では、なかなか感じ取ることができなかった、個々の要素が全体に与える影響をすばやく察知することができます。

でも、この自動計算機能を使うためには面倒な操作が必要なのでは…心配はご無用、誰でも簡単にすばやく自動計算トピックを作成することができるのです。

自動計算トピックの作成方法については、次回の投稿でご紹介します。

それまで、この自動計算トピックを利用してどんなマップを作成したら自分に役立ちそうなのかをいろいろと考えてみてくださいね。

No Comments

Mindjet Eco System – Any Project, Anywhere, on Any Device

Mindjetは、2012年12月より”Collaborative Work Management”を実現する仕組み(”Any Project, Anywhere, on Any Device”)をより具現化していきます。

これまで、単一のソフトウェアとして提供してきたMindManagerをはじめとするMindjet社の各種製品やサービスは、”Mindjet”として一つに統合され、ビジュアルなコラボレーションシステムとして生まれ変わります。

最も大切なことは、あらゆるアイディアや情報、仕事が一つの仕組みの上で有機的に「つながる」ことにあります。

これまで私たちが主に利用してきたソフトウェアは、高い利便性を提供する反面、それぞれのソフトウェアの独自の世界を持っていました。

つまり、マインドマッピングやプロジェクト管理、タスク管理といった機能はそれぞれの分野においては優れていても、残念ながらそれぞれが利用者を中心に有機的に「つながる」ことは難しく、単独で機能するものがほとんどでした。

私たちは、一つのプロジェクトや仕事を遂行していくために様々なアイディアを生み出し、分析し、計画し、実行するといったPDCAサイクルをより効果的にマネジメントしなければなりません。

アイディアが生み出される場所は、会社のデスクトップ上であるとは限りませんし、プロジェクトチームの最新状況を正しく把握するためには、メール等の時系列のやりとりを見ているだけでは自ずと限界があります。

私たちには、常にプロジェクトや物事の全体像を見失うことなく、詳細情報にも無理なく、すばやくアクセスできるビジュアルなコラボレーション環境が必要不可欠なのです。

Mindjetは、そんな仕組みをこれまで培ったマッピングテクノロジーと様々な情報技術を統合することで、これまでにないスマートなコラボレーション環境の実現を目指します。

“Any Project, Anywhere, on Any Device” – どんなプロジェクトでも、どこにいても、あらゆるデバイスから最新の情報にアクセスできる。

2012年、そんなスマートなコラボレーション環境の実現を目指して、Mindjetは新たなステージへと進んでいきます。

次回からは、その中核を担うMindjet 11 for Windowsの新機能に焦点をあてて、これまでとは一味違った世界をあなたにお届けしていきたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

No Comments

Collaborative Work Management 実現に向けて – Mindjet モデルチェンジ!

Mindjetは、2011年にリリースされたMindManager 2012とクラウドサービスMindjet Connectをベースにビジュアルコラボレーションを推進してきました。

iPhone, iPadをはじめとして、Androidといったモバイル環境も充実し、私たちの仕事環境はよりスマートな世界へと変わりつつあります。

そして、2012年Mindjetはさらに”Collaborative Work Management”を実現するために、新たな挑戦を開始します。

これまで、主にブレーンストーミングやアイディアの創出を中心に利用されてきたMindManagerは、統合された環境Mindjetとしてより効果的な戦略策定やスケジューリング、さらにはコンテンツやタスクのプランニングやマネジメントに至るまでの包括的なコラボレーションシステムとして皆様のお役に立つことでしょう。

Mindjet およびMindjet 11が切り拓く新たな世界の詳細については、これから1ヶ月間、本ブログを通じて順次ご紹介していく予定です。

どうぞお楽しみに!

No Comments

Collaborative Work Management(CWM)がもたらす価値とは?

今日は、MindManager 2012のリリースに先駆けてご紹介した投稿(Mindjet Ecosystemsとは?)の中で触れた

今後のMindjetビジュアルソリューションのキーコンセプトとなる

「Collaborative Work Management」

の概念とそれがもたらす価値について言及させていただきます。

まず最初に、そもそも「Collaborate」とはいったい何でしょうか?

現代では、「コラボレーション」「コラボ」という言葉が頻繁に利用されています。

日本語訳では、共同して働く、協力する、共同制作するといったように解釈されていますが、そもそも「コラボレーション」と「仕事」とは何が違うのでしょうか?

あらためて考えてみるとちょっと戸惑ってしまいそうですね。

皆さんは「Collaborate」「コラボレーション」にとって最も大切なことは、単に複数の人たちで仕事をするという以上の意味があるということをご存知でしたか?

これは、第一線で活躍する有名シンガー同士が、「コラボ」するコンサート活動をイメージしてみるとよくわかります。単に二人のシンガーが一緒のステージで唄うだけでなく、相乗効果による「新たな付加価値を生み出す」瞬間がそこにあるのではないでしょうか?

企業同士のコラボレーションや異なる社会的組織同士のコラボレーションもこの「新たな付加価値の創出」を求めているのは言うまでもありません。

この付加価値創出にとって重要なことは、異なる価値観を持つ人々の想いやアイディアをいかにスムーズに理解し、すばやく共有できるかにかかっています。

しかしながら、複数のメンバーが一緒に仕事をし、単に情報共有すれば実現できるほど甘くはありません。

だからこそ、Mindjetが推進する「Collaborative Work Management」がその威力と価値を発揮するのです。

Mindjet社は、これまで長年に渡ってMindManagerを主力製品として人々のアイディアや想いを把握し、整理、ビジュアルに共有する手段として「マインドマッピング」を応用してきたユニークな企業です。

Mindjetの製品およびサービスラインナップは今後この「Collaborative Work Management」をよりスマートに実現するために「Work Better, Together」という共通概念に一つのシステムとして統合されていく予定です。

  1. アイディアおよび情報をすばやくキャッチ(Cathing)-Mindjet for Mobile (iPhone, iPad, etc)
  2. アイディアを展開し、情報をすばやく共有(Thinking)-Mindjet Connect Free (Webブラウザ経由、MindManager経由)
  3. 情報をすばやく分析、行動計画へと具体化(Working)-MindManager 2012 (Windows, Mac )
  4. 協働作業を見える化、行動結果を共有(Sharing)ーMindjet Connect Business, etc

今後も、MindManager2012のリリースに向けて、「Collaborative Work Management」を支える新たな機能やサービスを順次紹介しています。

どうぞお楽しみに!

No Comments

あなた(貴社)の活用事例や導入事例をブログで積極的に公開してみませんか?

2009年4月にスタートした「チャンピオンプログラム」の無料トレーニングも早いもので1年が経過しようとしています。

おかげさまで無料トレーニングの受講者は定期開催、オンサイトコースを含め520名を超えることができました。

4月からはいよいよ基礎コース受講済みの方々に向けて、さらなるスキルアップをはかる上級コースの提供を予定しています。

これまでは、認定マスタートレーナーとして私自身が得た長年の経験や知識をより多くの方々と共有すべくトレーニングを通じて提供してきましたが、今後は徐々に「チャンピオン」を目指す受講者の方々にもその役割を果たしていただきたいと考えています。

何事にも言えることですが、スキルを高めるために必要なことは、何よりも自分自身で実践することも大切ですが、さらに人に教えることで理解を一層深めることができるのです。

その一環として、今後は日頃MindManagerをご愛用いただいているお客様や企業様の活用事例などを積極的に公開していきたいと考えています。

チャンピオンを目指す方々にとっても、大切な登竜門となりますのでぜひ積極的に参加いただければと思います。

では、どのような内容で活用事例を紹介したらよいのか?

早速、Mindjet for iPhoneを使ってテンプレートのフレームを通勤途中の時間を使ってデザインしてみました。

 こんな時、やっぱりiPhone/iPod Touchがあると便利ですね。活用事例として、得たい情報をあれこれ考えながら、ランダムに洗い出しながらも、わずか数分でコンセプトがしっかりと描けてしまいます。

左記のマップは、英語表記になっていますが、どうぞご安心ください。

この骨子をもとにMindManager8を使ってテンプレートとして仕上げたマップをMindjet Playerで皆さんと共有し、必要に応じてマップをダウンロードできるようにしてあります。

使い方は、とってもカンタンです!まずは、以下の画像イメージをクリックして、Mindjet Playerでテンプレートを開いてみてください。

各トピックには、まとめるポイントがサブトピックとして展開されています。

 

1. ブラウザ画面の右側上部に表示されているMindManagerアイコン(M)をクリックすると、テンプレートマップを任意のフォルダに保存することができます。

2.MindManagerで、ダウンロードしたマップを開き、メインピックのサブトピック(質問)に関連する情報のキーワードや短文を挿入します。

3.各項目の記載要領や内容を確認したい場合は、各トピックのノートアイコンにマウスをかざすと記入ガイダンスがプレビューできます。

4.一通り、トピックが展開できたら各トピックのノートを開き、各項目をキーワードを手がかりとして文章として整理し、まとめます。

5.フィルタ機能を使って、質問アイコン(?)をチェックして、「一致したトピックの非表示」を実行します。これによって、質問事項と関連するサブトピックが表示対象から取り除かれます。

関連機能:表示→詳細フィルタ

6.フィルタをかけた状態でWordまたはアウトラインにエクスポートして仕上がりをチェックし、必要に応じて何度か文章を推敲します。

関連機能:エクスポート→Wordにエクスポート

関連機能:MindManagerボタン→名前を付けて保存→その他の書式→アウトラインテキスト

関連機能:表示→フィルタの解除

7.できあがったらマップファイルをエクスポート機能で圧縮ファイルに変換(エクスポート→ドキュメント圧縮)して、氏名、連絡先(メールアドレス等)を添えて下記アドレスまでファイルを送信(添付)してください。

活用事例送付先:champion@mindjet.com

あなたからの活用事例が届いたら、Mindjet オフィシャルブログ(日本)の「顧客事例」として掲載させていただきたいと思います。

チャンピオンプログラムにすでにご参加いただいた受講者の方々は、ぜひこの機会を利用し、ご自身の貴重な経験や知識をMindjeterたちと広く共有していきましょう。

No Comments

Mindjet チャンピオンプログラムに参加してあなたもスキルアップしませんか?

MindManagerは、企業のビジネス活動やプロジェクト活動の生産性や創造性を高めるとともに、ビジネスパーソンの思考能力を継続的に高めることを支援する先進的な ビジネスソフトウェアです。

Mindjetでは、MindManagerのビジネス活用とソリューションを中心にその効果と魅力をパートナーやお客様の皆様とともに世に広め、多くの方々と共有していくための啓蒙プログラム-チャンピオンプログラムを2009年4月より推進してきました。

その中核として、継続的に開催しているのが、以下の2つの「無料トレーニングコース」であり、2010年3月23日現在で510名におよぶ参加をいただきました。

受講されたお客様の生の声をつきましては、本ブログのトレーニング&セミナーをご覧ください。

★ ビジュアルマッピング基礎・実践コース(3時間)

MindManager8をビジネスや仕事で有効にご活用いただくための基礎的なスキルとノウハウが短時間で習得できます。MindManagerをもっとご自身の仕事や業務に生かして効果を高めたいとお考えの方々にお薦めのコースです。

★ ビジュアルコラボレーション体験コース(3時間)

Mindjet Catalystを使ってチームや組織で共同作業を行うための基本的な使い方と活用ポイントが短時間で体験できます。MindManagerをはじめ日頃よりマインドマップをチームや組織の仕事に役立てたいとお考えの方々にお薦めのコースです。

MindManagerは、とてもシンプルで使いやすい一方で、非常に豊富な機能が実装されていることもあり、自力で使いなせるようになるためには相応の試行錯誤や時間がかかります。

また、試用期間が30日間あるとはいえ、多忙なビジネスパーソンの皆様においては実際にMindManagerを起動し、操作できる時間はほんのわずかでしょう。

マインドマップやMindManagerは、頭を使う道具ですが、実は頭で理解しようとしてもなかなか腑の落ちないという落とし穴があります。

頭を使うとは、一見ロジカルに思えますが、本当はとてもフィジカルなものなのです。

言い換えればと「脳に汗をかく」という表現がふさわしいかもしれません。

この動作は、一朝一夕に身につくものではなく、日々繰り返し習慣化しながら上達させていかなければならないため、多くの場合自己努力では限界があります。

チャンピオンプログラムは、そんなあなたのスキルアップと習慣作りをMindManagerを使って効果的にバックアップします。

MindManagerの試用版を申し込んでみたもののイマイチ使い方が分からない方は、遠慮なくぜひ無料トレーニングの機会をご利用ください。

また、すでにMindManagerを購入したもののなかなか思うように使えるようにならない方、さらにもっと使いこなしてみたい方もぜひご参加ください。

さらに、MindManagerの利用を通じて、自分の頭で考える楽しさや魅力をもっと世に広めたいという意欲や情熱のある方も大歓迎です。

どうか、ぜひ私たちの仲間になって一緒に広めていきましょう。

現在、認定マスタートレーナーとして活動している私も過去には皆様と同じ思いや経験をしながらたゆまぬ自己研鑽を続けてきました。

少しばかり先行させていただいた分、どうぞ私の拙い経験と知識を多忙な皆様にお役だていただき、ぜひスキルアップをはかってもらえればと思います。

私たちは、MindManagerをこよなく愛するあなたのトレーニング申込みを心よりお待ちしております。

チャンピオンプログラム(無料トレーニング)のお申し込みは、こちらからどうぞ!

No Comments