Archive for category MindManager 2012

MindjetおよびMindManager起動時のスクリプトエラー発生の回避方法およびパッチ情報

MindjetおよびMindManagerの起動ならびにビデオコンテンツの再生時において発生するスクリプトエラーの回避方法についてお知らせします。

本エラーは、Adbe Flash Playerの直近のアップデートの影響を受け発生している現象です。

1. (ビデオ)起動時のスクリプトエラー画面の対応

  MindManagerおよびビデオを起動した際に表示されるメッセージ 「このページのスクリプトを実行し続けますか?」に対しては、

  常に「いいえ」を選択してください。

*この後でビデオ自体は一旦再生できますが、再度他のビデオコンテンツを選択すると同様のエラーが発生します。

その際は、常に「いいえ」を選択してください。

2.Mindjet/MindManager起動時のオプション変更

  起動時に画面左側に表示されているビデオパネルの最下部にある  「起動時に常に表示する」 のチェックをはずしてください

3.Mindjet/MindManagerの再起動

以降は、このエラー発生の原因となるビデオパネル表示処理がスキップされるため本エラーは表示されなくなります。

4.ビデオコンテンツのみの再生方法

  ビデオコンテンツのみを正しく再生するには、Mindjet/MindManagerからではなくブラウザから下記コンテンツを直接開いてください。

     Windows 32Bitの場合:C:\Program Files\Mindjet\MindManager 11\JPN\HowTo\index.html

   Windows 64Bitの場合:C:\Program Files(x86)\Mindjet\MindManager 11\JPN\HowTo\index.html

注)上記フォルダパス内の\(バックスラッシュ)は、シングルバイトの¥になりますのでご注意ください。(コピー&ペーストは不可です)

5.パッチの適用

2013/10/2現在、下記より本障害を解決するためのパッチが提供されておりますので、必要に応じてダウンロード、インストールを実行してください。

 http://download.mindjet.com/GettingStartedUpdate.exe

以上、ご不便をおかけしますが、上記方法にて回避ならびに解決いただくようお願いいたします。

No Comments

Collaborative Work Management:導入/活用にあたってのシナリオ

★ Collaborative Work Management が実現する世界! ★

Mindjetは、「Collaborative Work Management」と呼ばれるビジュアルフレームワークの実現によって、人々の働き方や情報の伝達、共有方法、そしてワークスタイルを革新します。
 
MindManagerが持つビジュアルな編集、表現力に、Mindjet Connect(クラウドサービス)やモバイルアプリケーションを統合することによって、チームや組織のコラボレーションにおける情報活用に関する課題を解決することができます。
 
「Collaorative Work Management」の具体的な導入、活用シナリオやイメージについてはこちらをご覧ください。
1 Comment

ドラッグ&ドロップでここまでできる!カンタン操作(その3)

ドラッグ&ドロップだけでできるMindManagerのカンタン操作をその1その2と紹介し、本日はいよいよその3です。

今日は、仕事の計画やプランニングに欠かせない仕事情報やスケジュールに関するティップスをご紹介しましょう。

まず、MindManagerには、「仕事情報」というタスク管理属性が定義できることを皆さんはご存知ですか?

MindManager Lite7などのような簡易バージョンには実装されていませんが、Pro版仕様としてははるか昔からサポートされている機能です。

以前は、この仕事情報をもとにして、Microsoft Projectに変換することでガントチャートを生成していましたが、バージョン9以降サポートされたガントビュー機能によってMindManager単体であってもスケジュールのビューを同時に把握することができるようになりました。

さて、この元となる仕事情報は、本来作業ウィンドウの「仕事情報」パネルより設定する必要がありますが、一度トピックに設定された値(開始日や期限、リソース等)をそのままドラッグ&ドロップで他のトピックへコピーすることができます。

さらに、最新バージョン(MindManager2012)に実装されているガントビューでは、マップ上の任意のトピックをガントチャート上へ直接ドラッグ&ドロップすることが出来るようになりました。

この機能改善によって、最初は大雑把な開始時期を目安にタスクトピックをガントチャート上に落とし込み、必要に応じてガントバーを伸ばして期限を調整したり、ガントバー全体を次の週へずらしたりすることで直感的なスケジューリングがすばやく行えます。

もちろん、仕事情報の修正は作業ウインドウ内の「仕事情報」パネルからでも、ガントビュー上のタスク属性からでも双方で修正できます。

タスクの開始と期限を日付情報だけではなく、時間軸でビジュアルに表現できるため、プロジェクトに割り当てる時間の配分やバランスも直感的に把握できます。

これを使いこなせば、あなたのプランニングスキルも必然的に上達することでしょう!

百聞は一見にしかず!ぜひ、ご自身で体験してみてくださいね。

No Comments

ドラッグ&ドロップでここまでできる!カンタン操作(その2)

前回の投稿(その①)では、ローカルマシンや共有サーバ上に散在するフォルダやファイルリソースなどをドラッグ&ドロップでカンタンにリンクしたり、添付する方法をご紹介しました。

本日は、その②として、内蔵ブラウザで閲覧中のサイトの任意のテキストやハイパーリンク情報をドラッグ&ドロップ一つでトピックとして生成する方法をご紹介しましょう。

左記の例では、MindManagerの内蔵ブラウザ内にMindjetのWebサイトを表示しています。

内蔵ブラウザ内に表示されている任意のテキスト(例:Mindjetユーザーの声)を選択した状態でそのままマップ上の任意の場所にドラッグ&ドロップすれば該当の文字列のトピックが生成されます。

また、コンテンツ内に埋め込まれたハイパーリンク情報を持つテキスト(MindManager)をマップ上の任意の場所へドラッグ&ドロップすれば、ハイパーリンク付のテキストが生成されます。

この機能を利用することで、任意のサイト上にある重要な情報やリンクをすばやくマップ内に展開することができます。

膨大なサイト情報の中から、業務の目的に応じて必要な情報のみをすばやくマッピングすることで、以降の情報へのアクセス効率や生産性は飛躍的に高まります。

ぜひ、お試しください。

No Comments

ドラッグ&ドロップでここまでできる!カンタン操作(その1)

直感的な操作で定評のあるMindManagerですが、その代表的なオペレーションがドラッグ&ドロップです。

任意のオブジェクトを選択したらそのまま任意の場所へドラッグ&ドロップするだけで簡単に移動やコピーなども行えます。

MindManagerのユーザーであれば、トピックを任意の場所にドラッグするくらいはもちろんご存知のはずですが、実はそれ以外にも様々なオブジェクトをドラッグ&ドロップで操作できるんです。

これから数回に分けて、そんなティップスをいくつかご紹介していきましょう!

ファイルやフォルダをハイパーリンクでトピックに関連付けたい時は、メニューから「挿入」→「ハイパーリンク」を使うことが基本操作となります。

もっとカンタンに操作する方法…それはWindowsエクスプローラやMindManager内蔵ブラウザ上に表示されているフォルダやファイルのリソースをそのままマップの任意の場所にドラッグ&ドロップすることですばやくハイパーリンクトピックを生成することができます。

ここまでは、MindManagerをしばらく利用しているユーザーであればすでに知っている人も多いことでしょう。でも、ハイパーリンクではなくて、添付ファイルとして生成したい場合はどうすればよいのでしょう?

そんな時は、CTRLキーを押しながらマップ上の任意の場所へドラッグ&ドロップすれば、左記のような確認ダイアログが表示されます。

ここで、「添付ファイルとして追加」を選択すればOKです。

これで、ドラッグ&ドロップだけでローカルマシンや共有サーバ上に散在するファイルリソースもあっという間に整理したり、収集することができると言うわけです。

もちろん、使う用途は様々ですので、ご自身の活用ニーズに合わせて使いこなしてみてください。

それでは、MindManagerならではの快適なオペレーションをお試しあれ!

次回の投稿では、MindManagerの内蔵ブラウザ内に表示されているテキストやリンク情報をダイナミックにドラッグ&ドロップして生成する方法をご紹介します。

No Comments

MindManagerの役立つ活用ノウハウと「見える化」実践テクニックの集大成!

本日は、MindManager 2012のリリースに伴い、電子書籍化されたユニークな教材をご紹介させていただきます。

*********************************************************************************************************

あなたの仕事やコラボレーション活動をより楽しく!より楽に!”人材”を”人財”へと変える「働楽(はたらく)」教材シリーズ新登場!
ビジュアルシンキングであなたの頭の中のモヤモヤをスッキリ解消し、ビジュアルコラボレーションで知的な協働作業の見える化を実現!
奇跡のビジュアルツール-MindManagerの役立つ活用ノウハウと「見える化」実践テクニックの集大成がここにあります!

*********************************************************************************************************

本ブログの投稿者でもあるMindjet認定マスタートレーナーの渡邉がこれまで10年以上の歳月をかけて培ってきた様々なノウハウを下記3部作でシリーズ化し、2011年12月1日、日本最大級 電子コンテンツのオープンマーケット DLMARKETより販売を開始いたしました!

今ならお得なセット商品が「年末年始キャンペーン」(2011/12/1-2012/1/31)でさらにお安く購入いただけます。(詳しくはこちら

なお、各教材の商品説明ならびにご利用条件等につきましては、それぞれの表紙画像をクリックするとご覧いただけます。

*********************************************************************************************************

ビジュアルシンキング  入門(初級者向け)

あなたの頭の中の”モヤモヤ”を”スッキリ”解消!

商品概要:MindManagerを使ったビジュアル思考の実践的なコアスキルを体系化!(全101ページ)

MindManagerの基本的な操作方法や活用ポイントを習得しながら、 ビジュアル思考の基礎技術や実践方法を効果的に習得できます。

適応環境:MindManager 2012(MindManager7 以降共通機能)

すべてのバージョンで共通となるビジュアル思考のコアスキルを網羅。

但し、操作上のメニューパスは、MindManager 2012を対象に記載。

   <価格:1,000円(税込)>

*********************************************************************************************************

ビジュアルコラボレーション 入門(中級者向け)

あらゆるプロジェクト活動の”見える化”を推進!

商品概要:プロジェクト活動における知的労働の見える化テクニックを体系化!(全112ページ)

イベントプロジェクトのリーダーを任命された主人公の苦労と葛藤を通じてプロジェクト活動の見える化に役立つ利用法を効果的に習得できます。

適応環境:MindManager Pro7/8/9および2012

MindManager Pro7以降で利用可能なプロジェクトで役立つノウハウ満載。

ビジュアルシンキング入門レベルのコアスキルの理解と習得が望ましい。

   

   <価格:1,500円(税込)>

*********************************************************************************************************

ビジュアルコラボレーション  実践(上級者向け)

多様なコラボレーション活動の”見える化”を実現!

商品概要:コラボレーション活動における協働作業の見える化ノウハウを体系化!(全122ページ)

新製品開発チームのマネージャーに任命された主人公が遭遇する試練を通じてコラボレーション活動の見える化手法を効果的に習得できます。

適応環境:MindManager 2012およびMindjet Connect

MindManager 2012で実装された役立つ新機能にスポットをあてて解説。

ビジュアルシンキング入門レベルのコアスキルの理解と習得が望ましい。

 

        <価格:1,500円(税込)>

*********************************************************************************************************

DLMARKETでは、目次の詳細および書籍の内容(一部)をお立ち読みいただけますのでどうぞお気軽にご訪問ください。

なお、本商品の購入ならびにダウンロードをいただくためには、「ダウンロード会員」としてのご登録が必要となりますのであらかじめご了承ください。

 

No Comments

Mindjet Connect レビュー①:ビジュアルコラボレーションを支える!Mindjet Connect(無料版)

Mindjetは、MindManager 8以降、ビジュアルコラボレーションを推進するクラウドサービスとして、Mindjet Catalyst(有料版)を提供してきました。

2011年11月30日より、MindjetはMindManager 2012のリリースに伴いMindjet Connect(無料版および有料版)の提供を開始しました。

なお、MindManager 2012から接続できるクラウド環境は、Mindjet Connectであり、Mindjet Catalystとの接続はサポートされませんのでご注意ください。

利用形態は、MindManager 2012から接続する方式とWebブラウザから接続する方式、さらにiPhone, iPad等のモバイル機器から接続する方式がサポートされます。

Mindjet Connect (無料版)にWeb経由でサインインした際に表示されるファイル管理画面

Mindjet Connect  (無料版)にMindManager 2012経由でサインインした際に表示されるファイル管理画面

MindManager 2012またはWebブラウザ経由でMindjet Connectにある共有ボタンをクリックすると左記のユーザー招待画面が表示されます。

Mindjet Catalystでは、マップを共有する前にアカウントオーナーがあらかじめメンバーとして招待を行う必要がありましたが、Mindjet Connectでは、マップ単位に複数のユーザーとダイレクトに共有することができるようになりました。

共有画面から、適切なアクセスレベルを選択後、「新しいユーザーとの共有」ボタンをクリックして、共有する相手の電子メールと氏名を入力します。指定されたアドレス宛に送信されるメール内に埋め込まれたリンクをクリックすると相手も同じマップを参照または編集できるようになります。

アクセスレベルは、「読取専用」または「共同編集」のいずれかを選択でき、複数のユーザーで同じマップを同時に編集することも可能です。

Mindjet Connect (無料版)はMindjet Connect Business(有料版)と比べた場合、下記の機能制限があります。

  • 単一フォルダ (Business Edition:無制限なフォルダおよびサブフォルダ)
  • 1GBのディスク容量 (Business Edition:メンバあたり2GBのディスク容量)
  • 2マップまで同時閲覧・編集可能 (Business Edition:メンバあたり4マップまで同時閲覧・編集可能)
  • 制限付ドキュメント管理 (Business Edition:更新履歴によるバージョンコントロール)
  • 単純な権限コントロール (Business Edition:きめ細かい権限コントロール)
  • 1名のアカウント管理者 (Business Edition:複数のアカウント管理者)

まずは、Mindjet Connect(無料版)でビジュアルなコラボレーション環境をじっくりと体感いただいた上で、コラボレーションニーズに応じてBusiness(有料版)の購入を検討されるとよいでしょう。

制限事項:Webブラウザからの日本語入力の問題について(Adobe Flah Player 10以上で発生)

現在、Mindjet ConnectをWebブラウザからご利用いただく場合、日本語が正しく入力できないという制限事項がございます。

現象として、入力カーソルが1バイト分しか表示できず、ローマ字変換入力の際に1文字目の文字が欠落するというものであり、現在米国開発サイドでこの問題を解消すべくAdbe社と調整中ですが、2011年11月30日現在、解決時期は未定です。

トピックの入力時、文字を入力する前に「F2」キーを押下することでこの問題を回避することができます。

ご不便かと存じますが、本制限事項が解消されるまではWebブラウザからの日本語入力の際は、本回避策を適用いただきますようこの場を借りてお願いいたします。

No Comments