Archive for category トレーニング&セミナー

MindManager “ワクワク”体験ツアーへようこそ!

 本日は、MindManagerをビジネスやお仕事にもっと役立てたいという方にお薦めのコンテンツをご紹介させていただきます。

もちろん、現在試用中の方はもとより、すでに購入して利用いただいているお客様にとってもとても役立つ体験型学習コンテンツ…

その名もMindManagerワクワク体験ツアーです。

マインドジェットが無料で開催しているライブデモやトレーニングなどのイベントにどうしても日程が合わずに参加できなかった方にもぜひ一度お試しいただきたい体験型の学習コンテンツです。

MindManagerの利用目的は実に多岐に渡っているため、30日間の試用期間があってもなかなか十分に体験することはできません。

また、利用者によって興味の対象は実に様々であり、定型的なコースでブレーンストーミングに始まり、プレゼンテーションやミーティング、プランニング、さらにはプロジェクトマネジメントに至るまですべての活用ニーズを満足させることも非常に難しいところです。そこで、この度左記の体験ツアーマップを通じて、多様なビジネスシーンにおける様々な使い方をご自身の興味や関心のあるところからステップバイステップでお好きな時にお試しいただけるようなコンテンツをご用意させていただきました。

上記画像イメージをクリックするとマップコミュニティサイト(Maps for That!)にアップされたコンテンツにアクセスできますので、マップをダウンロードしてどうぞお試しください。

トピックのノートには、それぞれのステップが解説され、タグにはヒントとして操作する際のメニューパスが記されています。

必要に応じて添付されたサンプルマップを参照すればより理解が深まるとともにすばやく効果を実感することができます。

体験ツアーを始める前に、マップをあらかじめWordにエクスポートしておけば体験ツアーガイドとしてご一読いただくことも可能です。

それでは、MindManagerが繰り広げるワクワクする世界をどうぞ存分にお楽しみください!

No Comments

チャンピオンプログラム-無料トレーニングのご紹介

PDCAサイクルの見える化でビジネスパーソンの仕事力とマネジメント力をパワーアップ!

本プログラムは、MindManagerのビジネス活用とソリューションを中心にその効果と魅力をお客様をはじめビジネスパートナーの皆様とともに社会に広め、多くの方々と共有していくための戦略的な教育・啓蒙プログラムです。

マインドジェットでは、定期コースとしてMindManagerならびにMindjet Catalystを活用したビジネストレーニング(無償)を2009年4月より定期的に提供しており、すでに1000名にも及ぶお客様やパートナー様に受講いただき大変高い評価を得ています。

ビジュアルマッピング基礎・実践コース★(受講対象者:MindManagerの試用者、利用者、販売パートナー)

MindManagerをもっとご自身の仕事や業務に生かして効果を高めたいとお考えの方々に最適な人気のコースです。

MindManagerをビジネスや仕事で有効にご活用いただくための基礎的なスキルとノウハウが短時間で習得できます。

あなたの日々の業務活動を支えるPDCAサイクルを革新することで明日から仕事のやり方をがらりと変えてしまう強力なパワーを提供します。

特典:受講者には、何度でも活用できるビジュアルな自習テキストをプレゼント! 

 

トレーニングを受講された方々には、さらに高度なトレーニングを提供したり、ビジネスパートナーとしての活動を認定するなど様々な価値を提供していく予定です。

MindManagerは、企業のビジネス活動や業務に不可欠なPDCA (Plan,Do,Check,Action)サイクルの生産性と創造性を飛躍的に高め、ビジネスパーソンの仕事力とマネジメント力を飛躍的に高めることのできるユニークな ビジネスソフトウェアです。

MindManagerは、これまでインプットとアウトプットの間にある目に見えないギャップを埋めることでより創造的で生産的な知的活動を私たちにもたらしてくれます。

この明らかな違いをご自身で体感・納得したい方は、チャンピオンプログラムの無料トレーニングにぜひご参加ください。

あなたのトレーニングへのご参加 お申し込み を心よりお待ちしております。

No Comments

MindManager8 vs Lite7 一体何が違うのか?その答がここにあります!

お客様から

MindManager8 と Lite7とではいったい何が違うのか?どうしてこんなに価格差があるのか?他社のマッピングツールとどこが違うのか?

という声をよく耳にします。本日は、そんな素朴な疑問に簡潔明瞭にお答えしたいと思います。

MindManager8 では、情報管理や仕事・知識管理という点においてLite7と比較した場合、大変便利で役立つ機能が豊富に実装されています。
これは、MindManagerを企業活動の業務や仕事で利用する際に、知識労働の生産性や仕事の品質という点において大変重要な効果を発揮します。

Mindjet 社としての見解(推奨)
MindManager Lite7がカバーする領域は、基本的にはマインドマッピングを核とした「アイディアマネジメント」に「情報マネジメント」をカバーしています。
このアプローチは、企業のビジネス活動全体を考慮した場合、アイディアを情報、さらには仕事、知識へと昇華させる上で、多くの時間と労力を要するといった本質的な課題を抱えています。
こうした理由から、Mindjet社では、企業の業務やビジネス用途においてはMindManager8の導入を強く推奨しています。

それでは、Lite7には実装されていないMindManager8の役立つ機能と活用メリットを以下にご紹介しましょう!

■アイディアマネジメント(Idea Management)
-ブレーンストーミングモード(ボトムアップ方式でアイディアを抽出、すばやくマップに統合できる)

■情報マネジメント(Information Management)
-マルチマップビュー(複数の関連付けられたマップをサムネイル形式で表示し、アクセスできる)
-検索マップパーツ(Google,Yahoo,Amazonから検索結果をダイレクトにマッピングできる)
-内蔵ブラウザ(関連付けた情報に対して専用のアプリケーションを介さずにアクセスできる)
-検索結果の送信(検索結果から生成されたトピックから関連情報へすばやくアクセスできる)
-データベースへの接続(SQL Server,Oracle等のRDBMSのデータをダイレクトにマッピングできる)

■タスクマネジメント(Task Management)
-仕事情報(仕事属性(5W1H)をすばやく視覚化して、PDCAサイクルをスムーズに循環させることができる)
-レビュー(追加・更新が発生したトピックのみにレビュー色を割当て、巡回、承諾できる)
-詳細フィルタ(マーカー、仕事情報、その他の条件に合致したトピックのみをすばやく抽出できる)
-トピックの分割送信(選択されたトピックのみを別マップや別文書にすばやく切り出し利用できる)

■知識マネジメント(Knowledge Management)
-読取専用マップの共有・配信(Adbe ReaderやBrowserから閲覧できるマップを共有・配信できる)
-エクスポート(マッピングされた情報をMicrosoft Office,他の多様な形式にすばやく変換できる)
-インポート(Word,Project,Outlook等の外部情報をマップ上のトピックとしてすばやく展開できる)

これだけの歴然とした差があっても、「マインドマッピング」を目的とした利用範囲ではなかなかこの違いは実感できないものです。

この明らかな違いをご自身で体感・納得したい方は、チャンピオンプログラムの無料トレーニングにぜひご参加ください。

あなたのトレーニングへのご参加 お申し込み を心よりお待ちしております。

No Comments

「ビジュアルシンキング入門・実践」セミナー in 名古屋(2010年6月9日)

インターネットをはじめとした情報技術の革新に伴い、私たちのビジネス環境はいまや情報洪水と化しています。

そんな中で私たちビジネスパーソンの一人ひとりが「創造性」と「生産性」を高め、ビジネスゴールを達成するためには、これまでの思考スタイルを根本的に変える必要があります。
そのキーワードとなるのが、「思考の見える化」つまりビジュアルシンキングです。

MindManagerは、私たちの思考活動をビジュアル化する上で、非常に使いやすいだけでなく、同時に生産性を高めてくれる画期的なビジュアル思考ツールです。 
今回のセミナーでは、日常のビジネス活動にビジュアル思考ツールのMindManagerをご利用いただくことで、無理なく戦略的思考力をアップできる活用方法を「入門編」として幅広くご紹介します。
さらに、その見える化実践の効果を受講者自身で体感いただけるハンズオン形式のセミナーを「実践編」としてご用意いたしました。

第一部の入門編では、ビジュアル思考が今求められる時代背景やビジュアル思考の基礎技術をわかりやすくお伝えしながら、単なるマインドマッピングツールとは一味違ったMindManagerのビジネス活動における幅広い活用シーンや最新の企業導入事例をご紹介します。

また、第二部の実践編では実機を使いながらトップダウン思考とボトムアップ思考の違いを実感いただいた上で、日々のビジネス活動に役立つ週間計画や実行管理、実績報告をわずか1枚のマップに集約できるダッシュボードを構築することでビジュアル思考がもたらす効果を体感いただけます。

東京開催であるチャンピオンプログラムの無料トレーニングに参加できない関西方面のお客様は、ぜひこの機会にご参加ください。

あなたのセミナーへのご参加 お申し込み を心よりお待ちしております。

No Comments

チャンピオンプログラム無料トレーニング開催レポート(受講者の声)

チャンピオントレーニングでは、単なる機能解説や操作実習にとどまることなく、マインドマップの理論と実践とのギャップや本質的な意味を受講者の方々にわかりやすく理解し、自らが体感・納得できるよう様々なアプローチを取り入れた演習や実習をご用意しております。

今週のトレーニングにご参加いただいた受講者の方々は、全員すでに以前からMindManagerをご利用いただいているユーザーの方ばかりでした。

そんな皆様の共通の課題は、マインドマップの理論をいかに自らのビジネスや仕事の実務レベルで役立てるかということです。

今週から、これまでのコースシナリオをさらにバーションアップして、参加者の皆様には日頃何かと忙しく過ぎ去ってしまう「1週間」をこれまでのやり方とは一味違った方法で向き合ってもらいました。

わずか1枚のマップを使って、自らの1週間の仕事をたな卸ししながら、ダッシュボードとして様々な関連情報をリンクすることで、再び関連情報へアクセスする際の負担を激減することができます。

さらに、それぞれの仕事の進捗状況や関連性なども1箇所に集めて俯瞰できることで、適切な優先度の割り当てや意思決定をラクに行うことができます。必要に応じて、異なった形式のレポートを多様なカタチで抽出したり、変換することがいつでも容易にできるため、報告やレポート作成のための時間はほとんど必要なくなります。

今日は、今週(5/12)の開催にご参加いただいたお客様の中から(5名様)の生の声をご紹介させていただきます。

ブレーンストーミングのために導入しましたが、ブレーンストーミングの仕方がわかっていなかったと実感しました。」(営業課長:男性)

目的を考えるところやトップダウン/ボトムアップの方法(をきりかえるところ)のお話がよかったです。」(マーケティング:女性)

タスクやスケジュールの落とし込み、要素だしのコツが非常にわかりやすく勉強になりました。特にちょっとした工夫で見た目や可視範囲が変わる点がとても良かったです。新人教育等にいいかもです。」(デザイナー:女性)

「”目的を見つけること”"何が大切かを見つけること”のために使うツールであることが分かりました。 」(デザイナー:男性)

無料トレーニングとは思えないほど充実した内容でありがとうございました。使っていない機能も多く、これから活用していきたい。 」(会社代表:女性)

などなどそれぞれの参加者が様々な「気づき」や「発見」があったようです。

本トレーニングは、MindManagerを試用中の方、また使い始めの方はもとより長年利用されている方々にも様々な「気づき」や「発見」があるよう設計されたトレーニングコースです。

「マインドマップ」や「MindManager」を活用したビジュアルな仕事術に興味・関心のある方はぜひ積極的にご参加ください。

あなたのトレーニング参加の お申し込み を心よりお待ちしております。

No Comments

お客様の声:MindManager は、もはや私の仕事に欠かせないツールとなりました!

昨日、2月のチャンピオンプログラムの基礎・実践コースに参加され、すぐにMindManagerを購入後、日々会社の業務で活用いただいている技術系IT企業のお客様(K.Kさん)よりさらに近況を伺うことができましたのでこの場を借りて共有したいと思います。

マインドマップやMindManagerを日々の業務や仕事にもっと役立てたいとお考えのお客様にとっても、大変参考になると思います。

興味のある方はぜひご一読くださいね。

まずは、前回の投稿内容をおさらいしておきましょう。

マインドマップ – MindManager – を使い始めてわかったこと

今回、K.Kさんから新たに寄せられたコメントを以下に引用させていただきますと…

「先日はプライベートのブログのマネージメントで使っているということをお伝えいたしましたが、会社業務でもフル活用しており、私の属するグループの仕事の全貌をMindManagerで私が取りまとめ、PDF, Word, PPTで他の社員に配信するという試みを始めています。MindManagerなしに、私の仕事は進まないというぐらいまで毎日利用しております。」(K.K)

具体的に言うと以下のような業務や活動に日々利用されているとのことでした。

■ デイリ―マネージメント業務

  • 組織全体の業務の内容・優先度の共通理解
  • 重要業務の担当者のアサイン、スケジュール
  • アップデート情報の紐づけ整理-ノートや添付資料・ハイパーリンク資料
  • デイリーのアップデート管理

といったことに利用するため、MindManagerを毎日メールと同時に立ちあげているそうです。

■ 情報共有

  • チーム内の社員には、Mind Player PDFで配布
  • アップデートしたい情報があれば私に送付

■ 資料作成

  • マップを元に、報告書のドラフトを作成

などをやり始めています。

K.Kさんは、こういった業務で使用する定型的な項目をカスタム・プロパティを使ってすばやくマッピングしているとのことで、機能改善に対するご要望もいただき早速開発元へフィードバックさせていただいた次第です。

MindManagerをもっともっとビジネスツールとして皆様の業務やお仕事で役立てられるようこれからもこういった「お客様の声」をタイムリーに届けていきたいと思います。

お楽しみに!

No Comments

チャンピオンプログラム無料トレーニング開催レポート(受講者の声)

これまで500名以上にのぼるお客様とトレーニングの機会を通じてMindManagerの利用状況を「生の声」としてお聞きしてきました。

残念なことに多くの方が「マインドマップ」として利用しており、「MindManager」の役割を十分果たせているとは言えないようです。

その原因は、理論(マインドマップ)と応用(MindManager)のすみわけがうまくできていないことに起因しているようです。

多くの方が、「マインドマップ」(理論)と「MindManager」(応用)を混同して理解されているようなので、今日は「リレーショナルデーベース」(理論)と商用データベースシステム「Oracle」(応用)に例えてその違いをお伝えできればと思います。

E.F.コッド博士はコンピュータ内のデータ管理の理論を「リレーショナルデータベース」として発表しました。同様にトニー・ブザン氏は脳内の思考管理の理論を「マインドマップ」として発表しました。

そして、その理論の可能性にいち早く気づいたOracle Corporationの創業者ラリー・エリソン氏は、商用リレーショナルデータベース「Oralce」を開発、同様にMindjet LLC.の創業者であるMike Jetter氏は、マッピングソフトウェア「MindManager」を開発し、両製品ともに世界中の企業やビジネスパーソンで利用されるようになりました。

このように理解できると、今まで気がつかなかった大切なこと(かつ当たり前なこと)にふと気がつきます。

それは、私たちの能力や技術を高めるには、理論を実践レベルへと応用できる道具が不可欠だということです。

理論(マインドマップ)の素晴らしさは、日々の人生やビジネス、仕事で実践し、応用してこそ真の利用価値を発揮できるのだと思いませんか?

チャンピオントレーニングでは、単なる機能解説や操作実習にとどまらず、この理論と応用の本質的な違いを受講者の方々にわかりやすく理解し、自らが体感できるようユニークな演習や実習をご用意してお待ちしています。

今日は、先週(4/7)の開催にご参加いただいたお客様(4名様)の生の声をご紹介させていただきます。

利用者の方々のこういった生の声や感想を直接お聞きし、皆様にこうやってお伝えできるのは何よりも嬉しいことです。

営業部門(リーダー):男性

「今すぐにでも使える素晴らしいトレーニングとなりました。マインドマップの可能性を飛躍的に高めたといっても過言ではないと思います。誠にありがとうございました。」

転職準備中:男性

「無料で基本的なことを教えていただいて、参加したかいがありました。ありがとうございました」

会社代表:男性

「自分が使っていた機能は一部分にすぎなかったので活用方法など大変勉強になった

人財開発(コンサルタント):男性

「体験版の使用後の感想(メール)でも書きましたが、非常に完成度の高いSWパッケージだと思います。また説明がとても奥深いコメントでした。(Goodなファシリテーションでした。)

 などなど参加者自身の思い思いの「気づき」や「感動」があったようで何よりでした。

マスタートレーナーとして常に心がけているのは、MindManagerの優れた機能がどんな場面で、利用者の方々の仕事や学習に役立つかという視点を常に忘れないことです。

数々ある機能を単に説明することは比較的カンタンです。しかし、それでは受講者にとっての「利用価値」までは伝わりません。

常に「何のために」という目的に遡って、機能(手段)の利用法をきちんと伝えることが大切だと思っています。

MindManagerを試用中の方、また使い始めの方はもとより長年利用されている方々にも様々な「気づき」と「発見」があるトレーニングコースです。

「マインドマップ」や「MindManager」の実践的な使い方に興味・関心のある方はぜひ積極的にご参加ください。

あなたのトレーニング参加の お申し込み を心よりお待ちしております。

No Comments